plogram
スマートフォンで人気のゲームアプリ「パズドラ(パズル&ドラゴン)」で大規模な裏ワザが発覚しました。

この裏ワザを使うと、残りターンを消費しなくても、大きな得点を出す事が出来るようです。

※ターンとは、プレイヤーが行動できる時(敵側とプレイヤー側が交互にターンが来る)

「裏ワザの手順は、インターネット上で拡散してしまっている」

「同様の手口で高得点が出ていれば、データを抹消する」

と発表しています。

この裏ワザは、ニュースにも取り上げられましたが、同じ手順で裏ワザをしてもいいのでしょうか?

スポンサーリンク

裏ワザはチート?

ゲーム業界では、「チート」と呼ばれる「不正操作」が取り締まり対象になっています。

チートとは、特殊な装置を使い、ゲームのプログラムを不正に操作します。
通常ありえない行動をさせることで、有利に動かす行動をさします。

チートは犯罪です

このチートは、本来ありえない動作をさせるため、不正侵入の罪に問われます。

訴えられれば、警察に逮捕されたり、裁判で賠償請求の判決が言い渡されたこともあります。

行われる事があります。

今回のような「裏ワザはチートに含まれる」のか?

チートと裏ワザの違いは、機器による不正操作かどうかです。
プログラムミスは、チートに該当しない場合があります。

ただし、公式で(運営側から)不正操作と発表された場合、チートとして扱われる場合もあります。

今回の「パズドラ裏ワザ」のように、得点データを消去すると発表があれば、やってはいけない事になります。

しかし、今回のようなプログラムミスは、訴えられない可能性が高いです。

チートとは違い、不特定多数が出来る状況になっているので、処罰にならないためです。

結論:チートと裏ワザの違いは、「不特定多数が出来るかどうか」

不特定多数とは、いわゆる「誰でも出来る」という事です。

特殊な装置を使わずに、ある一定の手順で行うとそのような結果になる場合、不正操作とは考えにくくなります。

※ただし、運営側が公式で不正と判断・発表した場合は不正扱いです。

また、このようなプログラムミスを放置していた側にも、何らかの処置が出来るのではないかと思います。
(該当イベントの中止や対策プログラムなど)

特殊な装置が必要なチートは、「特定多数」で犯罪に

チートは、特殊なプログラムが必要です。
販売した人だけでなく、購入して使った人も罪にとわれます。

万が一、オークションなどで販売されていても、手を出してはいけないことを覚えて置いてください。

スポンサーリンク