スマートフォンは、充電していると熱くなりますね。

オンラインゲームをしている人は、
充電しながらゲームを続ける人も珍しくありません。

私もそのひとりです。
今も、パソコンに繋いで充電しながら使用しています。

 

タブレットなどの大画面タイプであれば机に置きながら出来ますが、
小型になると見えにくいので、手に長時間持っている方が大半かと思います。

ですが、スマホの異常発熱とテキストサム損傷には注意が必要です。

低温ヤケドだけでは済まず、
火事になるほどの高温や花火が飛び散るような、大事になることも珍しくないからです。

 

【スマホの発熱】消費生活センターへの相談は凄いらしい

オペレーター

スマートフォンの充電時は、
熱くなるというのはもはや常識かもしれません。

その点に関する苦情や相談は、消費者生活センターでも少ないようです。

その代わりといってはなんですが、
寄せられた内容は凄い場合が多いようです。

スマホ本体が溶けるほどの高熱

スマートフォン本体は樹脂や金属で出来ていますが、
樹脂の部分が溶けるというのは相当な高温になっています。
(300℃以上らしいです)

これが原因で、顔にヤケドを負った人もいらっしゃるようです。
充電する際には、枕元に置かないようにしてください。

また、膝元におく方も見かけますが、
同様にヤケドをする可能性もありますのでご注意ください。

テキストサム損傷は大勢の人が発症

テキストサム損傷が、話題になっています。

テキストサム損傷とは、
「長時間スマートフォンを持つ事による、指の痺れのこと。」です。

指の血行を阻害する事が原因です。

持つのをやめる事で回復しますが、
長時間の利用は視力低下にもつながりますので、おすすめできません。

長時間使うならタブレットがおすすめ

ゲームや読書、ネットサーフィンで長時間使う時は、
画面が大きくて見やすいタブレットが一番おすすめです。

タブレットも色々ありますが、
中華ではなく、googleタブレットのNexus7やIPadがおすすめです。

中華というのは、安い価格帯の中国製タブレットということらしいです。
3000円~ありますが、壊れやすいという噂です。

 

管理人は、Nexus7(2012年版)を使用していますので、
ゲーム時は机において使っています。

最新のOSが使えていますので、アプリも問題なく使えています。

Nexus7には、純正キーボードがあるので、ノートパソコンのように立てて使うこともできます。
※平面に置いて充電すると、熱がこもり、電池の劣化が激しくなるので良くありません。

視力低下防止のためにも、一度検討してみてはいかがでしょうか?