mario

スーパーマリオブラザーズに、マリオカート。
30周年に当たる2015年、ついに携帯型スマートデバイスに登場する事になりました。

任天堂が、マリオシリーズをスマートデバイス対応のゲーム機で発売することを発表したのです。

今後は、wiiUなど、ニンテンドウDS以外でもスーパーマリオを楽しむ事が出来ます。

いつでも、どこでもスーパーマリオを楽しめる

スーパーマリオシリーズは、
ネット上で海賊版が数多く出回るほどの人気があるゲームです。

それにも関わらず、今までニンテンドウDSなどの家庭用ゲーム機でのみ発売されていました。

その理由は、任天堂本社の意思もありましたが、
携帯型ゲーム機(スマートデバイス)の技術が少なかったからとも言われています。

ディー・エヌ・エーとの提携で携帯型ゲーム機に参加が可能に

2015年4月、任天堂はDeNA(ディー・エヌ・エー)との提携を果たしました。

DeNAhaは、主にインターネットやスマートフォンサイトの事業が中心の会社です。

ゲーム最大手の「任天堂」と組む事で、
スーパーマリオシリーズをインターネットでも配信する事が出来るようになったのです。

将来はスマートフォン、ブラウザでマリオを楽しむことも

まず手始めに、今秋wiiUにマリオを配信する予定です。

wiiUのソフトは、インターネット回線でダウンロードをして楽しみます。

まずは、小規模なwiiUで実装し、問題を改善できれば、
「ゆくゆくはスマートフォンなどでも楽しめる形になるのでは?」と予想されます。

そのための、DeNA提携であったといわれています。

関連記事