インターネットのソケット

「OCNからソフトバンク光に乗り換えた」というAさんの体験談をご紹介します。
マンションタイプに当てはまったので契約したようです。

スポンサーリンク

ソフトバンク光を選んだ理由

ソフトバンク光のプラン表

契約した1番の理由は、もともとソフトバンクの携帯を使っているからです。
ソフトバンク光にすると、毎月の料金が安くなります。

私もともとフレッツ光とOCNを使っていたので、乗り換えの工事も要らないのでかなり節約出来ます。
支払いが携帯と合算請求できるのも大きな魅力の一つでした。

光フレッツが提供している回線を契約するため、おおもとのインターネット回線はそのまま使えます。
そのため、回線工事をする必要がなく、費用も掛かりません。

該当会社:ドコモ・ソフトバンク・OCN・So-net・ビック・エディオン・TSUTAYAなどのNTTフレッツ光回線契約

ソフトバンク光を契約する前に調べたこと

OCN光やプロバイダー光との料金比較はインターネット上で行いました。
インターネット上で調べていると、情報が多すぎてよくわからなくなります。

私は、いろいろな量販店に行って、何がお得なのかを説明を聞きに足を運びましたね。
パンフレットとか見ても、本当に知りたいことは書いてありません。

よくわからないことばかりです。

いろいろ聞き込んだ結果、量販店で申し込むとオプションがついてきたりして、解除する手間がかかるとかもわかりました。
開通後キャッシュバックがあるお店、ないお店があることもわかりました。

家電量販店以外にも、携帯ショップ(ソフトバンク)にも行き、携帯との割引の恩恵額との比較を行いました。

ソフトバンク光を実際に使ってみてわかったこと

フレッツ光を使っていて、ソフトバンク光に切り替える契約だったので、エリアの心配はありませんでした。
ただ、携帯の更新月と光回線の更新月がバラバラになるは不便でした。

解約や乗り換えの時には、「解約料金が発生してしまう」ということに考えが回らなかったのです。
余り考えずに契約したので、ちょっともったいないと今感じています。

NTTフレッツの回線を転用するので、工事費などは発生しませんが、無線のルーターが届きしだい自分で差し替えて使用する必要があります。

そのルーターの速度に少し違和感があります。
極端に遅い時が頻繁にあるんですよね。

フレッツ光の時の方が快適だったかもしれないです。

OCNからソフトバンク光に乗り換えたときに準備したもの

契約時に必要なものは、私の場合転用契約なのでフレッツ光の転用番号です。
ネット上で取得できました。

電話だとかなり待たされるので、インターネットのホームページで取得する方がオススメです。
契約した後はルーターが届くので、差し変えるだけですね。

プロバイダーの解約には、電話をしました。
OCNのコールセンターはかなり電話が繋がりづらく待たされましたが、本人確認は名前と生年月日で確認をするだけで解約できます。

オペレーターにさえ繋がれば話は早いので、繋がるまではかなり辛抱が必要かもしれません。

スポンサーリンク