祖父・祖母・母3人が
格安SIMに変更で毎月1万円を節約

私は、パケット定額プランを値上げ。
それにも関わらず、
毎月7000円が節約出来る格安SIMとは?

家族 以前の月額料金 格安SIMに変更後 差額 SIMプラン
5,000円 1,000円 -4000円 通話なしプランでIP電話使用
祖母 5,000円 2,000円 -3000円 通話ありプラン/聞き取りやすいように
祖父 5,000円 2,000円 -3000円 通話ありプラン/聞き取りやすいように
5,000円 5,000円 0円変更なし 家族割は、私がいるので対象
5,000円 8,000円 +3,000円 ドコモのパケ放題を上位に変更
 トータル 月額25,000円 月額18,000円 -7000円 毎月7千円節約できる結果に

※大まかな金額で計算しています。

当初は、家族もみんなドコモでした

私がPHSから携帯に変更したのは、10年以上前です。
その頃はドコモが圧倒的に強い時代でした。

周りのPHSからの乗り換え組も、殆どがドコモであったことから選択しました。

みんなドコモなので、家族割でお得な通話ができます。

ドコモ同士なので、機能やプランなどもほとんど同じです。
周知していたので、「操作や機能が分からない」といった家族の手助けをすることも簡単です。

今は、コミュニケーション不足の家族が多いといわれますが、
継続して、家族間で共有できるサービスがあるのは、共通の話題になります。

いいことだとなと感じていました。

それに、余分なパケットや通話料を分け合うことが出来る割引制度があるので、
多くのパケットが必要な私でも、余分な量を分けてもらうことで安いプランでも使うことが出来ていました。

カケホーダイ&パケあえるなどです。

今は一部の家族が、別の会社に変えています。

流行の格安SIMが家族割より安い

普段携帯を使わない母親が、節約したいといい始めました。

もともと、家にいる時が多いため、普段は固定電話を使っていたのです。
携帯は、たまの家族との連絡にしか使わない状態でした。

ネット調べてみると、月額が500円、1,000円のSIMがあったのです。
安くても、月イチなどの数回しか使わない母には、いいプランかもしれないと思ったのです。

そのため、維持費が高いドコモよりも、お得に使える格安SIMに変えたのです。

格安SIMで通話を使っている母「問題ないよ(≧▽≦)」

母が使用しているうちに、安くても通話に問題が無いことが分かりました。
「若干聞き取りにくいときがあるかな?でも問題ないよ」とのこと。

それからは、祖父も祖母もみんなが変えていきました。

結局、ドコモに残されたのは私と父親です。

普段使わないのに、1人当たり5,000円も払っていた代金が、
5分の1の2,000円程度になったのですから当たり前かもしれません。

格安SIMに変更して、よかったのかもしれません。