lantopasokon

パソコンやスマートフォンのウイルス対策といっても、様々あります。

他の方はどのような対策を行っているのでしょうか?
体験談を聞いてみましたところ、数4つの方法を教わりました。

  1. 使わない時は、パソコンの電源をオフにする
  2. 無線LANを使わない、有線LANを使う
  3. パスワードの保存は、暗号化できるメモ帳を使う、webブラウザ上では保存しない
  4. Yahooは、シークレットIDを使う

「パソコンの電源をオフ」「無線LANをつかわない」もウイルス対策に

私はウイルス対策として、アンチウイルスソフトの導入をしています。
そして、「毎日のスキャン」、「ソフトウエアの更新」を意識してやっています。

これは、どなたでもやっている対策かもしれません。

さわに私は、2つのことを注意しています。
パソコンを使わない時は、待機やスタンバイで放置しない」、
無線LANより有線LANを使う」などです。

パソコンの電源をオフにすると、ウイルスに感染していても「知らないうちに」動作する事は、ほぼありえません。

一番の防御対策になります。

さらに必要なら、パソコンの電源を落とした後、LANの電源も切ってしまうとより安心できます。
無線LANは、最近乗っ取り事件もありましたので注意をしたいところです。

ネットサービスのパスワードを数カ月おきに変更しても被害があることも

メールアドレスやパスワードは、数か月おきに変更して同じものは使わないようにします。

それでも、どこかのサイトで取られることもあります。
無線LANを使っていると、「のぞき見されている可能性」もあります。

基本的に信用してはいけません。
ただし、よく変えていると忘れがちになります。

覚えるのも大変ですが、その方法もご紹介します。

パスワードは暗号化できるメモ帳、ひみつメモ帳で保存をすると安心

変えた当初、一時はメモなどに書いて暗号化しておくと気持ちが楽ですね。
※「暗号メモ帳」「ひみつメモ帳」という、無料のソフトウエアがあります。

これならコピペで済みます。

現在は入力パスワードのコピペができない所も多いみたいです。
結局は一回一回手入力をすると覚えるスピードが早くなります。

「パスワードは保存しない」サイトを閉じる時は、ログアウトしてから

そして、ログインして用が済んだ後は、一度ログアウトしてから閉じます。

検索の消去の消去も行うといいかもしれません。

次回簡単にログインできるようにする項目の”チェックを外す”

パスワード入力時に、パスワードの保存機能をしようしないようにしてください。

ウエッブブラウザにパスワードを保存すると、IDやPASSが盗まれることもあるようです。

個人情報も時折変えておくと便利です。
いつでも修正できる情報は必要になるまで(仮)でいきます。

本名を使っているサイトって、本当は少なくないですか?
登録するメールは、yahooなどのブラウザメールを使用して、本名がわからない状態にすることも大切です。

ツイッターなどのSNSログインを使うことで、
保護されたID・パスワードを減らすのも良いかもしれません。

YahooのシークレットIDを使っていますか?

Yahooには、シークレットIDというものがあります。
ログインIDとは、別に発行して、オークション(ヤフオク)などで使う事が出来ます。

シークレットIDのメリットは、メールアドレスからログインIDが漏れないことです。

Yahooメールは、そのままログインIDで筒抜けですが、
シークレットIDに設定すると、まったく分かりません。

怪しいサイトに行かなくても、昨今は危険が多いので注意しましょう。

フリーソフトでは、あなたのパソコンは守れません

あなたがお使いのウイルス対策ソフトはフリーソフトですか?
もしそうであれば、有料版のウイルスソフトをおすすめします。

なぜなら、フリー版と有料版は対応スピード(最新のウイルスへの対応)が全く違うからです。
参照:ウイルスソフトは有料がいいの?なぜフリー版はなぜいけないの?

さらに、広告が勝手に表示されるなど、問題はたくさんあります。
有料ソフトの購入を一度検討してみてはいかがでしょうか?

ウイルス対策には、有名なトレンドマイクロ社のウイルスバスターがおすすめです。

【ウイルスバスタークラウド】

ウイルス対策 関連の記事一覧