日本でも、SIMロック解除が開始され、多くの企業が参入しています。

レンタル会社のTSUTAYA、ゲオもその一つです。

TSUTAYA、ゲオでは、リアル店舗での販売も行います。
特にTSUTAYAは、MNP(モバイル番号ポータビリティー)に即日対応すると宣言しました。

MNP(モバイル番号ポータビリティー)とは、
同じ電話番号で電話会社を変更する方法です。

今後は、ドコモやソフトバンクのユーザーでも、
気軽にTSUTAYAで提供する格安SIMに変更出来るようになります。

参入したきっかけは、中古販売による物です。
今現在も、CDやDVDのレンタルだけではありません。

中古販売市場でも活躍しています。

今後広がる格安SIMと白ロム市場

2015年5月から販売されるスマートフォン端末は、
SIMロックが解除されています。

SIMロックとは、
特定の会社との契約でしか動かないように、
プログラムで制限をかけることです。

  • ドコモで購入した端末は、ドコモのSIMでしか使えません。
  • ソフトバンクで購入した端末は、ソフトバンクのみ。
  • auも同じく、同社のみのSIMでしか動きません。

5月以降販売されるスマホ端末は、
SIMロックが解除されている状態になり、
他社SIMでも使えるようになります。

こんな経験はありませんか?

欲しい機種が他者で販売、でも乗り換える事はできない

あなたが欲しい機能が付いている新機種が発売されました。
でもその機種は、あなたが加入しているスマートフォン会社では販売されませんでした。

なぜなら、会社ごとに販売するメーカーが違うからです。

あなたは、「どうしても手に入れたい。」と思います。
その為には、加入している会社を変えるしかありません。

調べてみると、二年契約が残っていました。
半年待たないと、違約金が発生します。

泣く泣く諦めるしかありませんでした。

5月以降の新機種は、すべてSIMフリーです。

他社のSIMでもスマートフォンが使える時代に

スマホ会社が違ったけれど、欲しかった端末。
これらを自由使う事が出来るようになります。

機種だけではありません。
SIMフリーという事は、他社と契約したSIMも使えるということです。

今後、TSUTAYA・ゲオで提供を開始する、格安SIMでもいいのです。

  • ゲオ独自「Smart G-SIM」 月額880円~
  • TSUTAYA「OCN モバイル ONE」と提携 月額900円~

これらを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

中古白ロムと格安SIMの同時販売で安く提供

TSUTAYA・ゲオ共に、中古端末白ロムの買取を強化しています。

その背景には、白ロムと格安SIMを同時に提供するためです。

格安SIMのみ購入しても、使えません。
その為、格安スマホとして、SIMとスマートフォン端末をセットで販売する店舗がほとんどです。

イオンSIMなども同じように、セット販売がメインです。
同時購入となり、端末価格と月額料金で支払いが高くなってしまいます。

SIMのみの販売も可能ですが、
適合する機種を持っていなくは使えません。

今まで使っていたスマートフォンは、
SIMロックが施されているからです。

新しい機種を買うと、格安SIMのお得度は下がります。

その点に目をつけたのが、TSUTAYAとゲオという事です。

中古白ロムなら、適合するかどうか調べることもできます。
まったく知らないユーザーも、安心して購入できます。

しかも、安く端末を提供できるので、
本来の目的である「節約」につながります。

このような販売形態は、他社では類を見ません。

今後は、このような販売戦略が必要なのかもしれません。