rakutenmobile

スマートフォンを格安で使う事ができる「楽天モバイル」をご存知でしょうか?

楽天モバイルプラン別月額 データ通信のみ 通話+データ通信
ベーシックプラン 525円 1,250円
3.1GBプラン 900円 1,600円
5GBプラン 1,450円 2,150円
10GBプラン 2,260円 2,960円

※データ通信のみの場合、SMSは別契約です(追加料金150円/月)

NTTドコモの回線を、わずか1/5以下の月額料金で使えるのですから、
かなりお得なプランではないでしょうか?

※ドコモのスマートフォンは、月額8000円程度。

しかし、このような格安スマートフォンを使わない人が結構多いようです。
この不人気はどこから来ているのでしょう?

スポンサーリンク

購入できるスマートフォン端末が少ないという錯覚

スマートフォンの回線契約というと、「契約会社のスマホ端末も買わないといけない」と思っていませんか?

ドコモやソフトバンクなど、一般のスマホ会社では、
回線申し込みと端末の購入はセットで行われます。

しかし、格安スマホの回線契約では、端末を新たに買う必要がありません。

 

スマホを持っていない人も新品の購入は不要

もちろん、回線に対応しているスマートフォンを持っていなければ購入する必要があります。

ですが、ドコモの端末を持っていれば、新たに買う必要がないのです。

または、最近注目されている中古端末でも十分です。
楽天市場でも、中古品を探す事ができます。

コスパを考えて格安スマホにしたい方は、中古品店で探してみるのも手です。

 

個人間で取引をする「オークション」を利用するにはある程度の知識が必要です

最近ヤフオクなど、個人間で取引するオークションサイトが流行っています。

ですが、スマートフォンに詳しくない方にはあまりおすすめできません。

 

例えば、「どの会社の格安SIMが使えるのか?」「どのような操作が必要なのか?」「使えない機能はあるのか?」

これらの知識がなければ、個人間の購入は控えた方がいいでしょう。

 

楽天モバイルの新品の扱いが17種類に増えている

格安スマホとして始めた頃は、各社共に販売している端末は少ない状況でした。
ですが、スマートフォンメーカーが対応機種を出していますので、極端に少ないという格安SIM業者も少なくなりました。

楽天モバイルも、今では17種類のスマホ、5種類のタブレット、2種類のモバイルルーターから選ぶ事ができます。

rakutenmobiesumahoitiran

 

対面販売できる実店舗が7店舗しかない

楽天モバイルを対面販売で購入できるのは、日本全国でも7店舗しかありません。(2015年10月30日現在)

7店舗のうち、東京都に3店舗あり、利用できる人は限られています。

東京都 楽天モバイル 銀座店
東京都 楽天カフェ 渋谷公園通り店
東京都 楽天カフェ 二子玉川ライズ S.C.店
愛知県 楽天モバイル 名古屋栄店
宮城県 楽天モバイル 仙台駅前店
大阪府 楽天モバイル 心斎橋店
兵庫県 楽天モバイル 神戸三宮店

インターネット上での契約が主となりますので、初心者にとって利用しにくい状況です。

サポートが受けにくいからです。

詳しい内容は公式サイト:詳細:楽天モバイルで確認ください。

大手スマホのメールアドレスでは無いのがデメリット?

スマホ大手の3社で契約すると、独自のメールアドレスが付属します。

  • @docomo.ne.jp
  • @softbank.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp

これらは、どの会社から送ったメールなのかわかりますので、便利に思う方も多いのではないでしょうか?

また、これらのメールアドレス以外を、受信できないように「メール拒否」している人も多いようです。
ここら辺がデメリットと感じている方も少なくありません。

しかし、Andoridには無料のGmailが使えますので、メールアドレスが持てないという事ではありません。

ただし、「今まで使っていたメールアドレスを引き続き使いたい」という方には、難しい問題かもしれません。