格安スマートフォンをお探しの方へ朗報です。

「料金を抑えたいけれど、通話も大切。」と思っていませんか?

そんな方には、
格安安心プランとしてこのような選択肢を提案いたします。

  • ネットは格安SIMデータプラン
  • 通話は大手のガラケー

これが一番最安でしかも、安心のプランだと考えています。

なぜなら、格安スマホの通話は、
どうしても通話があまり良くないからです。

通話に支障をきたしたくない方への最良プランではないでしょうか?

格安スマートフォンのメリットはデータ通信のみ

格安スマホ、格安SIMが世の中で人気を集めています。

ですが、現実はせいぜい、
データ通信プランが安いだけです。

通話やサービス、サポートはあまり良くありません。

そのような部分は、経費をカットしているからこそ、
月々900円~3000円で提供できるのです。

本当に通話、サポートが必要な方は、選択しないのです。

だからこそ、通話は大手のドコモ、au、ソフトバンクが無難です。

ガラケー、ガラホの通話のみなら月々2000円~

あなたも経験した事があるはずです。

ガラケーからスマートフォンに変えたら、月額が数千円高くなった。

その理由は、パケット通信の定額プランが原因です。
スマートフォンは、何もしなくても常にデータ通信を行います。

原因は、アプリの自動更新や
スマートフォン内部のプログラム更新チェックが原因です。

たとえ、2~3段階で請求額を上下するパケットプランにしていても、
毎日電源を入れているだけで、簡単にドンドン加算されてしまうのです。

スマートフォンは、別に安い業者と契約した方がいいのです。

スマホには、月額が定額3000円以下の格安SIM

データのパケット通信は、実は投売りできる程安いのです。

ドコモがMVNOという販売方式で、
データ通信を他社に安い価格でデータ回線を提供しています。

MVNOとは、大量のデータ通信量を安い価格で卸売りする販売方法です。

これが一般的に、格安SIMと呼ばれる安いモバイルデータ通信です。

安いプランだと、データ制限ありの980円~、
LTE使い放題でも1980円~と物凄くリーズナブルな料金設定です。

安くても、ドコモ(もしくはau:KDDI)の一般回線ですので、
質はある程度保証されています。

なぜか、本社ユーザーよりも安く提供されるというおかしな現象です。

このような抜け道、裏ワザ的な方法で節約をする事が、節約するための近道なのです。