simcard

格安スマートフォンもメリットは、お得な料金プランがある事です。

しかし、初めて選ぶ時は戸惑いもあるでしょう。
誰でも始めてのことは恐い物です。

あなたは格安SIM格安スマホに対して、こんな疑問に感じていませんか?

  • 何を基準に選べばいいのか分からない
  • 本当に安くなるの?
  • 本当に使えるの?

安くなるメリットが大きくても、「今まで使ってきたスマートフォンとまったく違った」と思えば、ガッカリした分評価は下がることでしょう。

しかし、ある程度知っておけば、違ったとしても「何だこの程度なんだ!」と割り切る事ができます。

まずは、どの程度違うのかをハッキリ知っておきましょう。

スポンサーリンク

基準はドコモやauの回線

格安スマートフォンの元回線は、ドコモかauです。

  • 大抵は、ドコモの回線から安く仕入れたMVNO回線。
  • 会社によっては、auの回線から仕入れている回線(マイネオなど)

電波もドコモかauのアンテナから直接を飛ばしていますので、ほぼ変わりません。

ですが、ひとつだけ違う事があります。
それは、通信速度です。

格安スマホ会社のAさPNサーバーを経由すると速度が落ちる?

格安スマホ(SIM)の場合、SIMカードとデータ回線の間にある入り口(APNサーバ)が違います。

この入り口が違うことで、データ通信を行うスピードが遅くなることがあります。

例えばドコモユーザーは、250Mbpsで通信していますが、格安スマホユーザーは、プランによっては1000kbps~225bpsなど低くなることがあります。※bps(ビーピーエス)とは、通信速度をあらわす単位ビットパーセコンドです。

手続きから使うまで、ほとんどがセルフサービス

格安スマートフォンのデメリットは、店舗数が少ない事です。ほとんどの説明がインターネット上に書かれており、問合せ先はほとんど電話しかありません。

まさしく、ほとんどセルフサービスで「安く提供できる」というメリットの裏返しといえます。

店舗自体がほとんどないため、サービス内容が増えても電話のみの対応がほとんどです。
ドコモやauのように、「分からない事はショップに行って相談する」という事が出来ません。

※電話による問い合わせ・サポートができる会社はあります

申し込みから開通手続きまで、すべてご自身で行う必要があります。カードを端末にSIMセットしたり、インターネット上で手続きを行う必要があります。

開通手続きは事前にチェック

格安スマートフォンの開通手続き(SIMカードのセットからAPN設定まで)は、その会社のホームページに書いてあります。どのような手順で行うのか、あなた自身で出来るのか、事前に確認することをおすすめします。

もし出来ないと判断した場合、申し込まないことをおすすめします。

周りに使い方を相談できない人はご遠慮ください

電化製品と相性が悪い人、あまり詳しくない人の場合でも、周りに相談する事で解決することもあります。

たとえば、SIMカードの差し込み方やAPN設定で分からなくても、ご家族やご友人に相談してやってもらう事もできます。

たとえAPN設定で使う番号が知られても、SIMカードがなければ悪用するのは難しいので、個人漏洩に気に配るほぼ必要もありません。※ただし、GmailやユーザーサイトのIDやパスワードは、見られたり教えないようにしましょう。

このように分からないことを質問できる身近な人がいらっしゃらなければ、格安スマートフォンに変更するのを諦めてください。

折角変えても使えないのでは意味がありません。節約するためにも人に聞く行動が何よりも大切です。

スポンサーリンク