もしも、災害が起きたら。
あなたはどのような方法で家族と連絡を取りますか?

急速に普及するスマートフォン。
ですが、もしもの緊急時に連絡が付かない事もありえます。

なぜなら、モバイル通話には、通話量に限界があるからです。
災害発生直後、大勢の人がスマホや携帯で電話をすれば、周辺の基地はパンクしてしまいます。

ご家族と連絡が付かず、不安になる方も大勢いらっしゃるのです。

そのような、経験をされた方も多いのではないでしょうか?

ご家族と共有の連絡方法を複数持つ

一番いい方法は、ご家族と話し合い、連絡手段を複数持っておくことが大切です。

今、多くの人が災害時に使うツールといえば、電話ですが、
インターネット上のTwitter、LINEといったSNSも利用する人が増えています。

もちろん、インターネットに詳しい方が中心です。
ですが、簡単に利用できる上に、災害時でも混線をさけ、利用できる強みがあります。

ただデメリットもあります。

こういった不特定多数の人が参加、見ることが出来るSNSでは、
個人情報の流出などが問題になります。

いわゆるセキュリティー問題です。

最近では、プライベート情報や家族写真の流出が問題視されるほどです。
災害時に利用した時に、ご家族の位置が第三者に知られることにもつながり、
安心して使うことが出来ません。

そういった点では、大きなデメリットになります。

知っている人だけが閲覧できる非公開SNS

クローズドSNSと呼ばれる非公開SNSが増えています。

こういったSNSでは、教えた人しかアクセス、閲覧が出来ません。
個人情報やプライベート情報が漏れる心配が少なくなります。

こういったツールで連絡先をあらかじめ作っておくことで、
万が一の場合に備えることは何よりも大切なのではないでしょうか?