rajiokikihoudai

車でドライブする時に、ラジオを聞く人も少なくありません。
毎朝、出勤時に、ラジオをつける方も多いようです。

何度も同じ声を聞いていると、
「この声を聞かないと、一日が始まる気がしない」

そんな風になりませんか?

スポンサーリンク

「話している人が、隣にいる気になる」ラジオの魅力

(特にイヤホンで)ラジオを聴いていると、
その人が目の前や隣にいて、話している気になりませんか?

実は、ラジオの声は「親近感がわく」ようにできています。

テレビではありえない!ラジオの芸能人は友達感覚に?

テレビ番組とラジオ番組の違いは、この親近感の違いです。

聞き手側は、「受信するだけの一方通行はテレビと同じ」ですが、
お便りを読むコーナーがあるラジオ番組は、芸能人と親密になれるきっかけが生まれます。

大抵どんな芸能人の方も、ラジオ番組への手紙は読んでいるようです。

「この人、いつもお便りをくれるなー」
「このペンネームの人、価値観が似てるなー」

と思っていることもあるということです。

リスナーと呼ばれるラジオファンが多い理由は、こうしたコーナーがきっかけのようです。

ラジオのデメリットは、録画が機能が充実していない

ラジオのリスナーに聞いてみると、定時に聞く事が多いそうです。
テレビの録画のようなことをする事は、ほぼないと言う意見もあります。

その理由は、ラジオの録音機能の性能にあるようです。

録音すると時間がずれることがある

最近のテレビの録画機能は、
野球の延長などで放送時間が変わると、」録画開始の時間も自動で変更してくれます。

ですが、ラジオの時間変更に、対応している機器が多くありません。

聞き逃さないためには、定時に聞いた方が安心なんだそうです。

ですが、旅行や出張先では、地域限定の放送は聞けないこともあります。
そんな時はどうするのでしょうか?

インターネットでラジオが聞けるサービス radiko(ラジコ)

ラジコと呼ばれるサービスをご存知でしょうか?

このradiko(ラジコ)のサービスは、全国どこへ行っても、
地方のラジオをインターネット経由で聞く事ができます。

FMラジオは、短波で距離は短い

特にFM系列は、地方限定〈ローカル〉の放送が多いです。

ですが、電波が届く距離は短いため、
北海道の人が九州の放送を聞く事はできません。

FMは、隣県の放送ならやっと聴ける程度の電波です。

2015年中には「過去1週間分のラジオ放送を無料で配信」と発表

さらに、新サービスとして、
過去一週間分のラジオ番組をインターネットで聞く事が出来るサービス
「タイムフリー」を無料で開始すると
発表しました。

(パソコン、スマホ対応)

この事により、ラジオの聞き逃しをしても聞いたり、
録音しなくても何度でも聴くことが出来るようになります。

遠方に出かける事になっても、安心ですね。

※radiko(ラジコ)には、エリアフリーが現在ありますがこちらは有料登録が必要です。

スポンサーリンク