海外iphoneとApplesim

アップルは、世界90カ国で使えるプリペイド型SIM「Apple SIm」を発売しました。
主にiPad用のプリペイドSIMとして、日本円で600円という格安で販売しています。

ただし、使えるのはiPadの4機種のみです。

  • iPad Pro
  • iPad Air2
  • iPad mini3
  • iPad mini4

何れも、Wi-Fi + Cellularモデル(SIMカードのスロットがある機種)

その他の機種、iPhoneなどでは使えません。
強引に使おうとiPhoneにAppleSIMをさしても、SIMに問題ありと表示され使えません。

もし、海外でiPhoneを使うなら、GigSkyがおススメです。

GigSkyはAppeSIMと同じ90カ国以上で使えるからです。
また、日本語にも対応していますので、現地の言語を理解しなくても使えるのが特徴です。

スポンサーリンク

AppleSIMは格安SIMではなく、プリペイドSIM

最近は格安SIMという言葉が出回っていますが、AppleSIMはプリペイドSIMというジャンルに入ります。
両者は全く別物ですので、ご注意ください。

格安SIMとプリペイドSIMの違い

違いは簡単です。

  • 格安SIMとは、毎月継続して使用するためのカード。
  • プリペイドSIMとは、期間やデータ容量の制限がある使いきりタイプ

このような違いがあります。

ですので、AppleSIMは使いきりタイプに入りますので、継続して使うことには向いていません。

AppleSIMは、短期間の海外用

AppleSIMを日本で使う事もできますが、基本的には短期間で海外に行く時に便利なサービスです。

日本で使うこともできますが、au(KDDI)のプリペイド契約(LTEデータプリペイド)しか使えません。

auのLTEデータプリペイドは、データ容量1GB毎に1500円の支払いが必要な使いきり契約です。
1GBしか使えませんので、少し高めの料金設定といえます。
※この1500円は、AppleSIMの購入費用600円とは別にかかりますのでご注意ください。

また、auのデータプリペイドは、海外では使うことができません。
AppleSIMを海外で時は、現地に行った後、対応した通信会社とプリペイド契約をしなくてはいけません。

海外で使うには、3つの通信会社と契約する

AppleSIMに対応している海外通信会社は下記の通りです。
GigSkyが日本語に対応し、90カ国でつかえます。

会社名 主な拠点
EE(Everything Everywhere) イギリス・フランス・ドイツ
T-Mobile ドイツ・ヨーロッパ
GigSky 90カ国以上

 

【GigSky】日本語対応・90カ国で使えるので安心

gigsky

もし、海外でAppleSIMを使う時は、GigSkyがおススメです。
日本語対応のページ(https://www.gigsky.com/ja/)がありますし、90カ国以上が対応で何よりも範囲が広いです。

料金も日本語で確認できるので安心です。

ちなみに、GigSkyが独自に販売しているプリペイドSIMカードも、同じ料金でデータを購入しますので、iPad以外で使う時はGigSkySIMがいいかもしれません。

ただし、お使いのスマートフォンが、GSM通信に対応しているかを確認しなければいけません。

海外のスマホは基本的にGSM方式(2G)、日本製スマホは使えない

海外でスマートフォンを使うには、GSM通信方式(2G)の機種を用意する必要があります。
日本で製造されているスマートフォンは、基本的に3G方式です。

違いは、GSMのほうが速度が遅くなっています。
携帯時代の2G通信を使っているからです。

GSM方式の日本製品はほぼ出回っていません。
その為、海外先で購入するか、または海外の日本法人で事前購入することをおススメします。

Amazonなどでも購入しようと思えば可能です。

SIMフリー版のApple製品はGSM対応、新たに買う必要はない

iPhoneの通信方式
画像:http://www.apple.com/jp/iphone/compare/

SIMフリー版AppleSIMはiPadに限定されていますが、新しくGSM方式のスマートフォンを用意する必要はありません。
また、iPhone各種(5~6sPlus)は、基本的にGSM通信に対応しています。

海外のSIMカードを契約するだけで使えるようになります。
※ただし、SIMロックがかかっている事業者iPhone(ドコモ、au、ソフトバンク製)はロック解除が必要です。

つまり、スマートフォンを用意するか、SIMロックを解除する必要がありますのでご注意ください。

スポンサーリンク