モバイル通信大手三社(docomo,softbank,au)が、
SIMロック解除の手続きについて、正式な発表を行いました。

ここでは、docomo端末のSIMロック解除方法、
そして注意事項やデメリットを初心者の方でも分かりやすくまとめました。

公式サイトで書いてあることを、踏まえてお伝えいたします。

ドコモのSIMロック解除対応:2015年5月1日現在

2011年4月以降、新たに発売されたSIMロック解除機能搭載の携帯電話機

ただし、ネットワーク利用制限の端末は受付できません。

※ネットワーク利用制限の端末とは?

  • 犯罪行為により、不正に入手された携帯電話機
  • 不正な契約により入手された携帯電話機
  • ケータイ補償サービスにより、補償対象となった旧携帯電話機

SIMロック解除手数料

3,000円/台

※2015年5月以降発売の端末は無料

SIMロック解除条件

契約者ご本人であることを、お名前・生年月日などで確認。

【ドコモの回線契約が確認できない場合】
来店者の本人確認書類が必要となります。

※オークション落札・白ロム業者での購入が該当

ドコモ規定の本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード(顔写真があるもの)
  • 在留カード(または)外国人登録証明書

手続き場所

ドコモショップ店舗営業時間内

故障時の対応

SIMロック解除後も、ドコモの窓口受付で受付けをしてくれます。
※ただし、故障原因によっては、対応できない。

  • ドコモとの契約回線あり:代替機の貸し出しあり(SIMロック解除なし)
  • ドコモとの契約回線なしの方:代替機の貸し出しなし

SIMロック解除後の月額料金・プラン適用

SIMロック解除をしても、現在加入しているプラン・料金は一切変わりません。

解約しない限り、家族割などの割引プランも使えます。

ドコモの回線を解約した場合は、対象外になりますので注意をしましょう。

参照:https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/