fasebookicon
SNS世界大手のFacebookでは、「いいね!」ボタンで投稿を評価する機能があります。

気に入った投稿の人気投票などにも使われる、「気に入り」のような機能です。

Facebookは、この「いいね!」機能の他に、最低でももう一つ、最大で6つの評価ボタンを付け加える予定と発表しました。

それが喜怒哀楽を顔で表現した6種類ボタンです。
英語圏では「Reactions」(日本訳:反応)と呼ばれる機能です。

kaomoji

ハート画像

  • 「Love」(好き)

顔文字

  • 「Haha」(笑う)
  • 「Yay」(喜ぶ)
  • 「Wow」(驚く)
  • 「Sad」(悲しい)
  • 「Angry」(起こる)

実際にこのボタンを表示して、ユーザーの反応をテストするとしています。

スポンサーリンク

ボタン追加の理由:以前から「よくないね!」ボタンの要望が多かった

Facebookが新しい評価ボタンを追加する理由は、「いいね!」だけでは足りないという提案が複数上がっていた事が大きいようです。

特に「いいね」があるのに、反対の表現である「よくないね」ボタンを実装する必要があるのでは?という意見がユーザーからだけでなく、社内でも頻繁に議論されていました。

ちがう表現をしたい」というユーザーが多いのです。

ですが、あからさまに「よくないね」では、批判が強くなると予想され、Facebookへの導入には消極的でした。

複数の表現で「評価の精度」をあげるのが目的

今回テストする6種類の評価機能のうち、5つは顔で表現されています。

もともと「いいね!」しかできませんでしたが、
多くの評価ボタンが導入されれば、細やかでかつ多くの評価データが集める事ができるようになります。

しかもボタン一つ押すだけで、多彩な評価ができます。

これは投稿者(ページオーナー)にとても、その投稿者のファンにとっても、大きなメリットが生まれます。

なぜなら、今までコメント欄に書き込まれないと分からなかった詳細な評価が、ボタンを一回押すだけで表現できるようになるからです。

コメントをいちいち確認しなくても投稿評価が集計できるメリットも

Facebookには、コメント欄があります。

投稿に関しての感想などを書き込む事ができますが、一部のコアユーザーのみしか書き込むことはほぼありません。

なぜなら、「書く」という行為は結構面倒だからです。

心の中で思っていても、素通りし手しまう人が大半ではないでしょうか?

ですが、ボタンを押すだけで評価できるとなれば、もう少し増えるのではないでしょうか?
そうすると、投稿者にとっては今まで以上の多くの人から評価を受ける事ができます。

さらに、データは「インサイト」と呼ばれる管理画面に集計されています。
ページオーナー(投稿者)は、管理画面を見れば、どのような評価が多かったのか、一瞬にして把握できるようになります。

これは、便利な機能ですね。

特に企業アカウントなどは、多くのコメントが寄せられています。
コメントを読みながら集計するのはとても大変な作業ですが、評価ボタンが多彩になれば集計作業が不要になり便利になります。

まずはアイルランドとスペインでボタン導入テスト

Facebookは、世界各国10億人以上が使っています。
その為、新機能のテストは地域限定からスタートします。

今回は、アイルランドとスペインからのようです。

もし、実現すれば世界各国で、いいね以外の評価が出来るようになりますので、世界が注目しています。

スポンサーリンク