icカードのチャージ機

便利なようで不便な「IC決済カード」
ポケットからカードを出して端末にタッチするだけで、ワンストップで支払いできる便利なカードだ。

しかし、不便なところもある。
それは、残高がいくらあるのか表示されないことだ。

スポンサーリンク

もうそろそろチャージが必要だっけ?

今月はいくら使ったのか、現在の残高はいくらあるのか全く分からない。
タッチして支払った時に画面に表示されるものの、知りたいときには忘れてしまっている。

残高不足であれば、ワンストップどころか改札口でつっかえてしまう。
「チャージ機に行列ができてるし、今度でいいや。」と思っていませんか?

  • いつでもどこでも、iCカードの残高を確認する方法はないのだろうか?
  • コンビニのレジで使った時のレシートで判断するしかないのだろうか?

そんな方におすすめなのが、スマホアプリである「マルチ残高リーダ」です。

電子マネーにも対応!ほとんどのICカードがこれ一つで残高表示

マルチ残高リーダは、無料アプリにもかかわらず20種類以上のICカードに対応しています。

また、フェリカ対応のカードであれば、ある条件(カードの解析)を満たすことで「未知のカード」として新しく登録することも可能のようですので、多くのカードに対応しているといえます。

画像:マルチ残高リーダ

  1. Suica
  2. PASMO
  3. WAON
  4. nanaco
  5. Edy
  6. ICOCA
  7. TOICA
  8. SUGOCA
  9. Sapica
  10. Kitaca
  11. manaca
  12. はやかけん
  13. nimoca
  14. PiTaPa
  15. icsca
  16. りゅーと
  17. ecomyca
  18. OKICA
  19. IruCa
  20. Asaca
  21. その他のSuica互換カード

引用:マルチ残高リーダFree /Suicaやnanacoなど対応 – Google Play の Android アプリより
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.shekeen.BalanceReaderFree&hl=ja

デメリット:スマートフォンがNFCに対応していないと使えない

スマートフォンのICカード機能には、おサイフケータイで使われている「FeliCa」技術のほかに、NFCという技術があります。

このアプリは、NFC技術を利用しているため、搭載されたスマートフォンを使う必要があります。

その点では誰でも使えるというわけではありませんが、使える人にとっては便利なアプリといえるでしょう。

スポンサーリンク