マイネオパケットギフト説明
画像:mineoとはhttp://mineo.jp/about/

格安スマートフォンのmineo(マイネオ)では、パケットギフトという機能があります。

パケットギフトとは、データ通信量が余っている場合、他の人にシェアできるサービスです。※同一回線などの縛り(制限)がなく、mineoユーザー同士で自由にパケットを上げる事が出来ます。

やり取りできるデータ量にも制限がありません。1度に最大9.99GBまで、パケットを何度でも渡す事ができます。

このパケットギフトで上げた通信量は、翌々月まで使う事が出来るとして、マイネオユーザーの間でも評判のサービスです。

このパケットギフトには、公式にも発表されていない大きなメリットが存在します。
それは、データの使用期限を延長する事が出来るメリットです。

スポンサーリンク

パケットギフトで渡す事で、データの使用期限を無限に更新する裏ワザ

画像:複数回線割・家族割・パケットギフト | mineo(マイネオ)
画像:複数回線割・家族割・パケットギフト | mineo(マイネオ)

このパケットギフトは、他の人が受け取った時点で翌々月まで使用できるパケットとしてチャージされます。
つまり、使用できる期限はギフトを取った時点から最長2ヶ月になるという事です。

このことを利用すると、今月末に切れるパケットを1ヶ月延長することも可能です。
家族間あるいは友人間で、パケットギフトとして何度もやり取りすると、使用期限を無限に延長することもできます。

※mineo(マイネオ)では、当月使い切れないパケット(設定されたデータ通信量)は、翌月末まで使う事が出来ます。

プランを変更することで節約も可能に

このパケットギフトで延長する裏ワザは、月によってデータ通信量が変動する人にとって嬉しい機能です。あまり使わなかった翌月に、月額が安いコースを変更するとお得になります。

例えば、5GBコース(1,580円)を契約して3GB余った場合

パケットギフトで3GBを他のユーザーさんに預かってもらいます。
翌月は500MBコース(700円)か、1GBコース(800円)に切り替えても、3GB分のデータ通信を受け取る事もできます。

差し引き700円近く安くする事が出来るのです。

※コース変更は、毎月1日~25日に申し込むと翌月から適用されます。

パケットギフトの落とし穴「同じIDで契約するとギフトが使えない」

この裏ワザには、大きな欠点があります。
“同じeoIDで契約すると、パケットギフトが使えない”と明記されています。

つまり、ご家族でパケットギフトをやり取りするには、別々で契約する必要があるという事です。この場合、パケットシェア(手続き不要)は利用できません。

パケットシェアを優先する(IDは同じにする)のか、それともパケットギフトにする(IDを別契約)にするのかでご判断ください。

一番メリットがあるのは、ギフト仲間を増やすこと

mineoでは、マイネ王と呼ばれるマイネオユーザー専用の掲示板があります。そこでは、パケットギフトを分け合う仲間を募集することも出来るようです。

また、ご友人や恋人同士でマイネオを契約するのもいいかもしれません。

さまざまな使い方が出来るマイネオを検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク