Move to iOS
画像:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.apple.movetoios

iPhoneでおなじみのAppleは、2015年9月アップル初のAndroidアプリをGoogleストアで公開しました。

Android端末からiOS端末(iPhoneなど)にデータを移動できる「Move to iOS」です。
このアプリを使う事によって、iPhoneに乗り換える事ができるようです。

しかし、このアプリが意図的に、Andoridユーザーによって悪い評価にさらされているようです。

Androidユーザーの”iPhone嫌い”だけではない

悪い評価が付くのは、なにも”AndroidユーザーのiPhone嫌い”だけではないようです。
それは、レビューに書かれている言葉を見れば一目瞭然でしょう。

時代遅れのデータ移動アプリ

「このアプリ(Move to iOS)自体が、役に立たない。」という声が多いのです。

その理由は、スマートフォン同士のデータ移動はアプリを経由せずとも、様々なサービスがあるからです。

例えば、Googleのオンラインストレージであるgoogleドライブが良い例でしょう。
オンラインストレージとは、インターネット上に非公開でデータを保存できるサービスです。

もしくは、一度パソコンについてデータを移して、iPhoneに入れる方法もあります。

このような手段は何も特別ではありません。
ビジネスパーソンだけでなく、多くの個人ユーザーも使っています。

Move to iOSのレビューには、そのような口コミも多数書かれています。

iPhoneからAndroidへのデータ移行は難しい

なぜ、Appleはこのようなアプリを出したのでしょうか?
実は、iPhoneからAndoridへのデータ移動が難しいからでは?という憶測が飛び交っています。

例えば、iMacとwindowsはデータの相互やり取りがうまく行かないといわれていました。さらに、古いiPhoneでは、端末の制限が厳しく、他社機種にデータ移行が出来ない場合もあります。

このような対策として、Move to iOSを出したのでは?という意見もあります。

スポンサーリンク