NifMoかけ放題プラン

Niftyの格安スマホサービスNifMoは、電話のかけ放題プランを始めました。
格安スマホ(格安SIM)初の電話し放題プランが誕生です。

NifMoのかけ放題プランの料金は、1300円/月からです。

  • 国内のみのかけ放題:月額料金1300円(通話オプション)
  • 海外+国内かけ放題:月額料金2,700円(通話のみ)

※ただし、IP電話となっていますのでご注意ください。

この代金に、データ通信の月額料金と音声通話基本料金700円/月がプラスされますので、
結果的に下記のような支払い総額になります。

データ通信量別プラン データパックの料金 セットにした月額料金
3GBプラン+かけ放題 月額900円 2,900円
5GBプラン+かけ放題 月額1,600円 3,600円
10GBプラン+かけ放題 月額2,800円 4,800円

※ここに追加のオプション料金や端末料金がが追加されます。

スポンサーリンク

NTTドコモとNifMoの料金の違いは?

NifMoは、NTTドコモのMVNOです。
ドコモのネット回線を使用できます。

つまり、データ通信はあまり変わらないという事です。
料金を比較すると、格安スマートフォンが有利です。

ちなみにNTTドコモのかけ放題は、月額料金が1700円です。

支払い総額はデータパック+かけ放題1700円+spモード324円になります。

データパック+spモードの料金 かけ放題を含めた月額
データSパック(2GB) 3,824円 5,524円
データMパック(5GB) 5,324円 7,024円
データLパック(8GB) 7,024円 8,724円

※さらにオプション料金や端末料金がが追加されます。

結論:NTTドコモよりもNifMoが最大4000円違う

NTTドコモからNifMoに乗り換えると、
毎月の支払いが3000円~4000円近く安くなる事になります。

格安スマホは料金だけを見ると安いのですが、
NifMoのかけ放題にはデメリットも存在します。

メリットとデメリット両方を踏まえて、じっくり考える事が大切です。

 

NifMoのかけ放題は「IP電話」!これはデメリット?

一番大きなデメリットは、やはりIP電話という事です。

IP電話とは、インターネット回線を利用した通話です。
音声をデータ化して、インターネット経由で通話を行います。

さらにIP電話は、緊急電話が使えないという事も知っておく必要があります。
いざ使おうという時に使えないと、かなりショックがでかいですから・・・。

ですがそれ以外は、普通の携帯とほとんど変わりません。
NifMoの音声通話は、今まで使っていた電話番号も使えますので安心です。

IPだからといっても、デメリットにはならないのです。

 

「IP電話は通話品質が悪い」は過去の話

電波が届かない場所では使えません。
また、電波が弱い場所では、通話品質が悪くなります。

聞き取りにくくなったり、途中で切れる事があります。
※90分連続で通話をした場合、電波状況に限らず強制的にでんわが切れます。

でもこれって、「他の回線でも同じですよね」

このような地域は山奥や山林など、一部の地域に限られています。
しかも、NTTドコモなので、日本で一番アンテナが立つ回線です。

アンテナが一本しか立たないような地域にお住まいの方以外は、
そこまで心配する必要はそんなにありません。

 

LTE回線なら、通話品質が従来よりもいい

IPといってもLTEで通話をすると、従来の通話と品質はあまり変わりません。
むしろLTEは、通常の3G電話よりも通話品質は上になります。

VoLTE(ボルテ)というサービスを見聞きした事はありませんか?
これは、LTE回線を使った通話のことです。

LTEの特徴は、周波数チャンネルの多さです。
対応周波数が多ければ多いほど、通話音声がよりクリアに聞こえます。

ネット回線自体は、NTTドコモの回線なので同社とほぼ同じ環境で使えるという事です。

 

NifMoは電話サポートありなので、初心者でも安心

  • 格安スマホって、サポートとかないんでしょ?
  • 設定とか分からないんだけど・・・無理かな?

こんな方でも、安心して受けられるサポートがNifMoにはあります。

自宅ですべて設定してくれる「NifMo 訪問レクチャー」

専門スタッフが、ご自宅(または近辺の施設)に訪問して、初期設定や基本な操作方法を説明してくれるサービスです。

ただし有料です。
24カ月間毎月480円を支払う必要があります。
もし必要であれば、このようなサービスを検討してはいかがでしょうか?

申し込みは任意ですので、設定サポートがいらない方は申し込む必要もありません。

スポンサーリンク