バイクは原付・中型・大型に限らず、車など他の車両よりも危険な乗り物です。
体の保護には気をつけなくてはいけません。

身に着けるのは、ファッション的な衣料品だけではありません。
ブーツやライダージャケットは、ヘルメットと同じぐらいに安全性を確保しなくてはいけません。

バイクに乗るのであれば、皮製のズボンやジャケットがおすすめ

その理由は、事故にあった場合、ライダースーツを身に着けることで怪我を最小限に抑えているというデータがあるからです。

もともとバイクジャケットが流行りだした理由は、1940年代の映画の影響でした。
その当時は、ファッション性が中心で、ライダーの腕と胴体を保護するだけでした。

それまでは、バイクに乗っていると障害物からの擦り傷や寒い冬の間は怪我をすることが多かったのです。
ライダースーツが流行ってからは、極端に怪我人が減ったと報告されていますので有効であることは間違いではありません。

バイクジャケットには二種類存在する

  • ズボンとジャケットに分かれているもの
  • レーサーのようなつなぎ状のもの

最近ではファッション性もあり、さまざまなカラーがあります。
もちろん保護機能もよりいっそう強化され、ひじや肩の部分にも、保護パットが埋め込まれています。

バイカー専用のレザージャケットがおすすめ

背中と胸の部分に詰め物が付属しているジャケットがあります。
固いパッティングを入れることで、耐久性を上げることができます。

バイクの場合、雨天時には濡れてもいい素材を選ぶ必要があります。
もちろんカッパのようなものではなく、防水加工された皮製ジャケットでも問題はありません。

機能的なポケットが付いている事も必要条件です。
さまざまな使い道があるジャケットを選びましょう。

革製のバイクジャケットは欠かせないアイテム

革製のジャケットは、値段だけでは決まりません。
おしゃれだけに追求したものであれば、事故になれば大怪我をしてしまう可能性が高いからです。
逆に、安全性が保証されえているものであれば、決して無駄な出費ではないはずです。

もし、ジャケットを着なければ、バイクを運転するだけで怪我をする事もあります。
なぜ、オートレーサーは最高品質のジャケットを着ているのかを考えると必要性がわかるはずです。