simフリーって何?

スマートフォンで検索すると、
「SIMフリー」という言葉が頻繁に出てくるようになりました。

“SIMフリー”とは、一体どういった意味なのかご存知でしょうか?

SIMフリーとは、「SIMロックを解除したスマートフォン端末」や、「SIMロックがされていない機種」の事を指す時に使います。

スポンサーリンク

SIMロックの意味は?

スマートフォンや携帯は、SIMカードと呼ばれるチップで通信会社の電波基地と通信しています。
その為、SIMカードと基地が認識できないと通信や通話が出来ません。

大手スマートフォン会社では、それぞれの会社の回線でしか使えないようにするため、他社のSIMカードを認識しないようにロックした状態で販売しています。

この状態だと、他社のSIMカードを入れると読み込まれず、電波基地との通信も出来ません。

「SIMフリー」は、SIMロック解除が義務化されて出来た新しい言葉

しかし、2015年5月に「SIMロックの解除が義務化」された今、SIMフリー端末と呼ばれるスマートフォンが出てきています。

SIMフリー端末とは、どのような会社のSIMカードでも認識する事ができるように「あらかじめロックされていない端末」、または「SIMロックを解除した端末」ということです。

これを使う事でドコモだけでなく、ソフトバンクやMVNOと呼ばれる「格安SIM」が選べるようになります。

他社で使えるようにSIMロックを解除すると「SIMフリー」になる

大手携帯会社が販売しているスマートフォンには、買った会社以外のSIMカードを認識しないように”ロック”されています。

例えば、ドコモで購入(契約)したスマートフォンを、そのままの状態でソフトバンクで契約しても使えません。

もし、ソフトバンクの回線で使いたいのであれば、SIMロックを解除してSIMフリーの状態にする必要があります。

SIMロック解除の手数料は3000円

ドコモで購入したスマートフォンなら、ドコモショップでSIMロックの解除手続きをすると、ソフトバンクのSIMカードが使えるようになります。

この手数料の金額は、ドコモでもauでも変わりません。ただし、周波数に対応していない場合もあり、使えない可能性もあります。

SIMロックを解除しても、使えない可能性も

例えば、ドコモのスマートフォンをSIMロック解除しても、auのSIMカードで通信や通話をする事ができません。

これは「ドコモの周波数」と「auの周波数」がまったく違うからです。
SIMロックの手続きを行う前に、その会社でも使えるのかをよく調べる事が大切です。

また、SIMロックを解除して使えたとしても、機能が制限されることもあります。
リスクと手数料を考えると、SIMロックがないSIMフリー端末を購入する方法が安全です。

iPhoneをはじめ、AndroidスマートフォンでもSIMフリー端末がたくさんあります。
新たに購入する必要はありますが、何も分からず失敗するよりもいいかもしれません。

スポンサーリンク