simフリー携帯とは、ドコモ、au、ソフトバンクなどキャリア会社に所属しないフリーな端末で使うカードです。
ドコモの契約回線、auの契約回線、ソフトバンクの契約回線で同時に使う事ができます。

フリーSImのような携帯は、格安スマートフォンで多く出回っています。
ですが、今までのガラパコス携帯(フィーチャーフォン)では、珍しいです。

FREETELの『Simple』は、その効果もあって予約開始日に即日完売したようです。
※FREETEL(フリーテル)は会社名、Simpleが端末名

キャプチャ:FREETEL(フリーテル) https://www.freetel.jp/product/featurephone/simple/
キャプチャ:FREETEL(フリーテル)
https://www.freetel.jp/product/featurephone/simple/

参照:FREETEL FT142F-simple 特長|機種一覧|FREETEL(フリーテル)
https://www.freetel.jp/product/featurephone/simple/

スポンサーリンク

今までほぼありえなかったガラケー版freeSIM

ガラパコス携帯版のフリーSIMは、FREETELの『Simple』が初めてといってもいいかもしれません。
今まで、プリペイド式の携帯は数多くありましたが、こちらは各社それぞれで互換性がありません。
(SIMフリー化しないと使えない状態)

今回のフリーsim版は、互換性がありますので、今までのプリペイド携帯と違い複数キャリアのSIMが使えます。

FREETEL『Simple』 特徴1;即日解約(2年縛りなし)

大きな特徴は、2年縛りがないという点です。
スマートフォンのフリーSIM(格安SIM)と同様、2年縛りがありません。

FREETELのSimple端末はau以外の回線が使えます。(ドコモ、ソフトバンク)
現在ガラケーを契約している人は、そのままSIMの付け替えでも使えます。

ただし、端末だけ購入しても、月額999円の格安プランが使えません。
SIMと同時購入時のみ、格安SIMプランが使えます。

FREETEL『Simple』 特徴2:通話とSMSしか使えない

ここで注意です。
FREETELの『Simple』は、通話とSMSの機能しかありません。

※SMS=ショートメッセージ

ドコモの「iモード」、ソフトバンクの「Yahoo!ケータイ」など、インターネットが使えません。

これは、どのキャリア(携帯会社)にも所属していないフリーのSIMだからです。
もし、インターネット環境が必要であれば、格安スマートフォンなどの併用が必要です。

通話のみを希望の方は、フリーSIM版ガラケーがいいかもしれません。
使い方もシンプルなので、誰でも簡単に使いこなせます。

ガラケーとスマートフォンの複数契約・2台持ちにはおすすめ

今回のFREETELで販売された端末『Simple』は、海外のSIMも使えるようです。
デュアルSIM携帯といって、2枚のSIMを同時に差し込む事ができます。(通話待機も2枚同時対応)

ただし、海外のSIMが使えるといっても現地のSIMに対応していなければ使えません。

特にSIMのサイズに注意してください。
『Simple』は、標準サイズのSIMにしか対応していません。

また、国によっては通信規格そのものが違う事があります。
購入前に確認することをおすすめします。

スポンサーリンク